読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1000回録音アファメーションのポイント

f:id:attracted:20170210150320j:plain

はじめに

先月の「今月の実践報告」でお伝えした録音アファメーションですが、「録音アファ」のキーワードで検索からいらっしゃる方が多いので、少し補足をしておこうと思います。

ちなみに、僕が考案したわけじゃないですからね。試して、効果を実感しましたよ、というだけです。初出はおそらく「潜在意識ちゃんねる」の書き込みだと思います。僕は「アファメーションクラブ」様も参考にさせてもらいました。

やり方のおさらい

  1. スマホのアプリ「PCM録音」をダウンロード
  2. 自身でアファメーションを録音
  3. 暇さえあればひたすら聞く

手順にすると、これだけです。ポイントは後ほど記しますが、ご自身で録音するという微小な手間を除き、ほぼ何の手間もかからないのが魅力です。

ちなみにPCM録音は無料アプリで、リピート再生、倍速再生ができるのでおすすめです。

録音アファのメリット

先に示した「手間(とお金)がかからない」という以外にも、いくつかメリットはあります。

1.場所を選ばない

まずアファメーションとは、肯定的な言葉や目標(を達成した未来)を繰り返し口に出すことで潜在意識に刷り込ませる方法です。そもそも僕は潜在意識の思考が集合的無意識とリンクして引き寄せが起こると信じているため、一連の作業のなかの唯一にして最大の難所がこの「潜在意識への刷り込み」だと思います。

しかしたとえばアファメーションでお馴染みのワード「私は成功している」なんて、とても人前では口にできませんよね。既婚者やご実家住まいの方など、同居している人がいる場合は、アファメーションをするタイミング自体が少ないということになります。

だから、聞くという受動的な行為に置き換えた録音アファは画期的なのです。聞くことは受け身ですが、録音は自身の声ですから、結果的にあなたが声に出しているのと同じ状態が発生しています。

アファメーションの最終的な目的は、誤解を怖れずに言うなら脳を騙すこと。その工程で、話すと聞くの混同があることなんて、まったく問題ないはずです。

2.回数をこなせる

上記と似ていますが、アファメーションの秘訣は、繰り返しです。声に出すアファメーションは、状況を選びますからやはり回数は限られます。録音を聞くだけなら、移動中でも、ランニング中でも、それこそ就寝中にだって聞けるわけです。

数をこなして、既成概念を根負けさせる。そのためには、録音アファほどふさわしい方法はないと思います。

録音アファのポイント(技術的側面)

そんなわけでようやく本題です。僕が実践してみて気づいた録音アファのポイント。人それぞれの部分もあるので、ご自身で微調整はしてくださいね。

1.声量は控えめ

繰り返し聞くことが前提のため、聞いて邪魔にならない音声であることが必要。これは何度も繰り返している間にコツが見えてくると思いますが、小さめでOKです。なんならはっきり聞こえないくらいでも、脳はしっかりとキャッチしてくれます。

とくにおすすめは、「脳がとろける感覚」と巷で話題のASMR動画のようなささやき声。自分の声というのがなんとも微妙なところですが、ささやき声(芯のない声)は、耳に心地よく、じわりと染みてくるような気がします。

2.た行や破裂音に注意

録音アファを繰り返していると、だんだん就寝中も聞いてみようという気になってくると思います。なぜなら聞く事そのものが心地よいから。眠りが浅くなる心配はありますが、上記のささやき声で録音している限り、少なくとも寝入りは良くなります。

で、気をつけたいのがパ行の音や「つ」の発音。日頃の生活では気づきにくいのですが、人間は「つぎつぎと……」の時の「つ」の音や、「いっぱい……」の「ぱ」の音に、必要以上に力が入りすぎてしまうことがあります。

すると、眠りかけでようやく意識レベルが下がってきても、「ぱ」や「つ」の度に覚醒してしまうということが起こり得ます。破裂音は、必要以上に小さめでOK。これも何度も撮り直している間に、改善されるとは思います。

3.BGM

アファメーションワードを話しつつ、BGMを流すのも良いという話もあります。好きな音楽は、感情にダイレクトにうったえるため、ワードがより深層意識に到達しやすくなるのが理由だと思われます。これは賛成です。

ただしリピート再生で細切れになるので、そこに意識が向いてしまう人はBGMなしが良いでしょう。あとは倍速で聞くつもりの人も、BGMは不要。音痴になっちゃいますよ。

4.聞き方

個人的に、ワードがもっとも脳に浸透しやすいのは、カナル型イヤホンを使い、小さめの音量で、イヤホンを強めに耳に押し込むという方法。脳の真ん中で直接声が響いているような錯覚が生まれ、意識が音声に向いていないときにも、しっかりと脳に届いていると思います。ただし、耳が痛くなります。耳にもよくなさそうなのでここぞというときだけの短時間にしたほうが良いでしょう。実行は自己責任ということで。

ヘッドフォンも試しましたが、移動時はともかく、就寝時はかなり気になるのでおすすめできません。

お好みはあると思いますが、就寝時は枕の下にスマホを設置して、横向きに枕に耳を当てたときにかろうじて聞こえる程度の音量にするのが、安眠とアファを両立するコツではないかと思いました。

 

というわけで今回は技術的な部分のみ。次回は、アファのワードを含めた実践的な部分のポイントについて。

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

 

引き寄せを妨害するノイズとの付き合い方

f:id:attracted:20170418164127j:plain

はじめに

ここのところ更新が不定期で申し訳ございません。

アドラー心理学についてまとめて書こうと思っているのですが、本を読めば読むほど奥が深い、というか教訓になることが多くありすぎて、なかなか考えがまとまらない状況でございます。

とくに心理学の場合は、適当なことを言ってしまうとご迷惑をかけてしまう可能性もありそうです。よって知識をうまいこと自分のなかに落とし込むことができたら、改めて記事にしたいなと思っているところです。

という言い訳です。本当はただの5月病かもです。

で、本日の主題は何かと言いますと、皆さんのなかにも、5月ということでなかなかやる気が出ない人もいるのではないか。ならばやる気が出ない同士で慰め合おうではないか、という感じの話です。

 

ノイズと言い切ってしまいますが、引き寄せを実践しようというときに限って「そんなんあるわけない!」という情報が耳に入ってしまうことってありませんか?

とくにネットを見ていると、顕著な気がします。否定することで自身のアイデンティティを保つ。無視すれば良いのに、やっきになって否定しようとする理由は、きっとそういうこともあるのでしょう。

ならば情報を気にかけないためには、どうすれば良いのでしょうか。あなたのポジティブを邪魔するネガティブ情報をシャットアウトする方法です。

ネガティブ情報を気にかけない方法

見ない

まずはこれ。というか、本当にこれ大事。「ニュースさえ見てはいけない」という本やサイトもあるくらいですから、マイナスとなる情報にそもそも触れないということは、かなり有効な手段だと思われます。

ただ観察する

しかし不本意ながらネガティブ情報が入ってきてしまうことはあることでしょう。そんな場合は、以前の瞑想の項でお話した「ただ観察する」という方法が有効です。

情報が入り、それを脳内で処理するのは自我の方の役目。その情報処理される様子を、ただ傍観者として観察するのが、あなたの本質=自己です。「あ、そういう意見もあるのだな」と、ただ観察するだけでOK。間違っても、躍起になって反論(脳内でも)してはいけません。

瞑想

上記の観察と似ていますが、こちらはさらに一歩先です。瞑想の目的は、無に近づくこと。無なのですから、ポジティブもネガティブもありません。心を澄んだ湖のごとく、静かに保つこと。10分も瞑想すれば、ネガティブ情報なんて、どこかに行ってしまいます。

 

というわけで、触れないというのが一番の近道ですが、現代の日本ではそうもいかないネガティブ情報。もし気になってしまったら、トイレにでもこもって、静かに瞑想してみるのが良さそうです。

 

 

これがあったら幸せは目の前! 引き寄せの吉兆 ネガティブ編

f:id:attracted:20170119214626j:plain

はじめに

さて、昨日に続きまして引き寄せの吉兆について。以前、好転反応の項でも言及しましたが、吉兆とはいっても良いことばかりではありません。

むしろ、伸び上がる前にぐっと縮むが如く、マイナス(とその段階では思える)現象が起こることもありえます。しかし「これがあったら実現は目の前!」と知っているだけで、その段階を乗り越えていけるはず。

さあ、願望達成は目前です!

 

願望実現の前兆(ネガティブ編)

突然、引き寄せがバカバカしくなる

引き寄せ実践中の方に、とても多いであろうこの現象。本を読んだり、サイトを見たりしながら情報を取り入れていると、あるとき突然「こんなもんあるわけない」という声が頭のなかを支配しはじめるのです。

同時にやってくるのは、将来への不安。あと何十年も同じことを繰り返しながら、死ぬまでたいして変化のない人生を送るのか、と。

でも間違えないでくださいね。この不安こそ、引き寄せの考え方があなたのなかに定着する過程で起こる好転反応です。

不安になってもいい。バカバカしいと思ってもいい。でも、あなたが実践している引き寄せの方法は止めないでください。

なぜなら、この不安が湧き上がることこそ、その方法があなたに効果があるという何よりの証明なのですから。

だって、ミステリー小説を読んでる途中に、突然「こんなもんはフィクションだ」って思って止めたりしないですよね? 映画の途中で「これは作り物だ」って退出したりしないですよね? あなたの心に不安という感情が湧いた。それは実践する方法が、あなたの心の深い部分に到達したという証明なのです。

不安のほかに、孤独感や虚しさのようなネガティブな感情が湧くこともあります。出処のわからない感情は、あなたの深い部分からやってきているのです。つまり日常が変化することを怖れるエゴが、焦っているのです。そんな声に負けちゃダメですよ。

風邪をひく

これもなかなか多い事例です。風邪、引きます。印象としては、とくに気管支系、咳や痰に悩まされる風邪が、好転反応である確率が高いような気がします。

これは不安定だった心が安定する過程、揺れていたブランコが静止する過程で、多くのエネルギーが使用されるため、身体的なバランスが損なわれるためだと思われます。

考えてもみてください。頭脳労働に意外なカロリーが使用されることはよく知られています。思考によるカロリー消費は、基礎代謝の20%にも及びます。そして思考の大半を締めるのが深層意識です。体重にもよりますが、200~300kcalを深層意識により消費するわけです。深層意識による引き寄せが実現し始めると、当然ここに負荷がかかります。結果、体調のバランスが崩れ、風邪を引きやすくなるということでしょう。

当然、風邪が良いというわけじゃありません。引かないほうが良いに決まってます。季節の変わり目ですから、どうぞ体調にお気をつけください。

大切な人との別れ

出会いがあれば、別れもある。なんて言葉を引き合いに出すまでもなく、大きな幸せの前に、大きな悲しみがあることも、よく知られています。

大切な人との別れは、あなたを絶望させるかもしれません。もうお終いだ、もう立ち直れない、と。

悲しみに耐える必要はありません。気が済むまで、悲しめば良いのです。いつまでも気が済まないなら、いつまでも落ち込めば良いのです。引き寄せの本の多くは「良い気分でいましょう」と言っていますが、大きな悲しみの前で無理やり良い気分でいようとすることは、不自然なことです。そんな歪な姿が正しい道なはずがありません。

もう二度と立ち直れない!

そう思ってから、一週間が経ちます。6回寝ます。寝付きは悪いかもしれません。食欲もないかもしれません。そして、もしその時点であなたが一週間前と同じ熱量の悲しみを持っていたら、あなたの人生はとても素晴らしい。だってあなたは、それほどまでに大切な人と、出会うことができたのだから。そしてあなたは、それほどまでに人を大切に思う心を持っているのだから。

だから、次にもまた大切な人に出会うことができます。失った人は一人きりでも、あなたが誰かを大切に思える人であることは、これからも変わらないのですから。

 

というわけで、好転反応の項の繰り返しでもありますが、引き寄せの吉兆ネガティブ編でした。大切なことは、それが好転反応だと知ること。

ネガティブなことが起きても、良くなる過程であると知っていれば、引き続き継続できるというものです。願望達成はもうすぐ! 応援しています。

 

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

これがあったら幸せは目の前! 引き寄せの吉兆

f:id:attracted:20170308190004j:plain

はじめに

何度か言及しています通り、引き寄せというやつはある日突然、目の前に、あるいはあなたの心に事実としてあらわれます。じわじわとやってくる訳ではありません。

そしてあなたが事実を確信した時にようやく、「あの時のアレも意味があったのか」と気づくわけです。まどろっこしいですね。

たとえば、雨が降ります。

あなたは傘を持っていなくて、ずぶ濡れになる。傘を買おうにも、コンビニも見当たらない。ああ、ついてないな。仕方なくあなたは、喫茶店に寄って雨宿りをする。ついでにサンドイッチも注文する。無愛想な店員が運んでくるサンドイッチ。値段が高い割に、全然おいしくない。まだ雨は止まない。むしろさっきよりも強くなっている。ぬるくてなんだか酸っぱいコーヒーを飲み干して、店を出る。こんな店に寄らずに、さっさと帰ってしまえばよかった。そう後悔しながら店を出たところで、古い友人とばったり再会した。そのまま飲みに行き、話が弾んだ。新しい仕事の話まで飛び出した。

というストーリーがあったらどうでしょう。

喫茶店を出るまではマイナスばかりだったのに、その後の再会があってみれば、雨に降られたことさえも、意味があったことだと気づくでしょう。

つまり、現在進行しているあらゆる事象は、もしかすると将来の成功の布石かもしれないのです。

願い続けるモチベーション

そうはいっても、結論が見えていないうちから、伏線を確認することはできません。そして、僕たちは、雨上がり目前かもしれないのに、引き寄せを諦めてしまうのです。100回目で当たることになっているクジを、99回引いただけでやめてしまうのです。

そんなのもったいないですよね。

だから続けるモチベーション、あと少しの時に願い続ける根拠が欲しい。

大丈夫です。

わかりにくいですが、サインはあります。個人的な経験則が中心ではありますが「こういうことがあったら、その後にうまくいったな」という事象を考えてみました。

引き寄せの吉兆

体の痒み

これはアファメーションなどで深い部分の意識が変わりつつある時に、非常に多い現象です。虫刺されとか、不潔とかではありませんよ。

いつもと同じ生活をしているのに、とくに寝入りばなに無性に体が痒くなる。多くの場合、それから数日以内に、なにがしかのポジティブな変化が起こります。

シンクロニシティの増加

そこになんらかの意味が見いだせる偶然、それがシンクロニシティでした。詳しくは下記などご参照ください。

そんなシンクロニシティが印象に残ることが増えたら、それは吉兆です。

時計をみたら誕生日の数字だった。食べたかった料理が夕飯の食卓に並んだ。買い物した金額がゾロ目だった。小さなことであっても、それは深層心理からのサイン。その偶然に意識を向けることが、さらなる引き寄せに繋がります。

出会い、再会、連絡

これはもう明確なサインですね。思わぬ場所で、思わぬ人とばったり会う。それは人生が広がりつつあることをはっきりと示しています。その出会い自体が引き寄せの現実化とさえ言えるでしょう。

この出会いや再会(あるいは予想外の人からの電話や手紙)は、そこがゴールではありません。この事実の後には、さらなる良いことがやってくることが多々あるのです。

これはきっとご自身の経験を思い返してみても、納得できるはず。

それはその出会いによって、あなたの思考が良い方向に動き始めたことも一因です。そして、大きな幸運を呼び寄せているという中間報告のご褒美でもあるのです。

 

引き寄せの吉兆、考えてみればもう少しありそうなので、次回に続きます。

 

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

自信をつけるための即効性あるアプローチ

f:id:attracted:20170418164127j:plain

はじめに

間が空いてしまってすみません。長めの連休で旅行に行っておりました。考えてみると会社に居た頃はこんな長い休みってなかなか取れませんでした。

学生時代は、時間があってお金がない。

会社に入ると、お金があって時間がない。

退職すると、ようやくお金がそこそこ、時間がそこそこ。

人生ってなんなんだろう、って思っちゃいますよね。だから、やっぱり「思考は現実化する」を信じて、実践して、自分のやりたいことができる人生にしちゃいましょう。たぶんそれが、あなたが奇跡のような確率でこの世に誕生した理由なのですから。

自信を持つことが引き寄せの鍵

という感じでお茶を濁したところで、本日のテーマ。自信を持つことが引き寄せの近道ですよって話でした。それがなぜかは、前回の記事を参考にしてください。

今日は、具体的な自信の持ち方について。 

自信を持つことが、そのままあなたの魅力に繋がる。これはすんなりと理解できるところでしょう。

では、その自信はどのように持てば良いのか。自信というのは心の在り方ですから、つまり思考です。そして思考を変えるというのは引き寄せの最終テーマでもあります。

引き寄せのために自信が必要なのに、自信を持つために引き寄せが必要。これではタマゴとニワトリの話ですよね。

見た目と心は一致したがる

しかし心配はいりません。もっと物理的な、即効性のある方法があります。「地位が人を作る」という言葉からもわかる通り、人の内面と外見は一致する方向に動くのです。つまり心を変えて見た目が変わるなら、見た目を変えれば心も変わるということ。

ならば変えていきましょう、外見を。

ところで他人に対するあなたの印象を決定づけている最も大切な要素って、なんだと思いますか?

目? 鼻筋? 肌? 髪型? 服装?

全部違います。他人があなたを判断する第一にして最大の要素、それは姿勢です。

これは男性でも女性でも同じ。背筋が伸びて堂々としている人は、かっこ良く、美しく、頼りがいある人間だと思われるのです。

ちょっと思い出してみてください。

あなたの人生で出会った、自信に満ちた人、リーダーシップのある人、同性からも異性からも好かれる人。

二重の人も一重の人もいたでしょう。鼻の高い人も、低い人も。背の高い人も低い人も、太った人も痩せた人も、ショートカットもロン毛も。しかし、そのなかに猫背でうつむきがちな人だけはいなかったはずです。

自信があるから姿勢が良いのか、姿勢が良いから自信があるのか。そんなことは、どちらでも構いません。大事なことは「姿勢が良いこと」と「自信があること」がイコールで結ばれていることです。つまり姿勢を良くすれば、心の内側から自信が湧いてくるのです。

自信をつけるのに良い姿勢とは

じゃあ、良い姿勢とは何か。こと自信に関しては、これには明確な答えがあります。エンペラー・スタイルです。

ポイントは2つ。

まず、盆の窪の少し上・肩・腰・踵が壁につくように立ちます。腰と壁の間に拳が入るようでしたら、それは反り腰の可能性があるので、お腹を引きます。

f:id:attracted:20170512190940p:plain

 

ちなみに盆の窪は後頭部と首の境目の窪んだ部分です。そこが壁につくためには、当然、顎をある程度引く必要がありますね。

 

f:id:attracted:20170512190952p:plain

これが基本の姿勢です。

歩くときは男性は両足を肩幅に、女性は膝の内側が触れるか触れないかくらい。

手は自然に振り、歩幅を大きく、歩数を少なくすることで、速度自体は変わらないように調整してみてください。

どうでしょうか?

自分で「ちょっと不自然だな」「やりすぎだな」って思いますよね。それでいいのです。自分でやりすぎだ、姿勢良すぎだと思うくらいが、傍から見た良い姿勢です。

やっているうちにだんだん慣れてきます。慣れてきたらこっちのものです。いつの間にかあなたの内面は自信が付き、人からの見られ方も変わってきているはず。

そうしたら引き寄せも、以前以上の速度で実現しはじめます。これは本当に、間違いない事実です。

というわけでエンペラー・スタイル。クセになるまで、意識してやってみてください。とりあえず、1ヶ月。それで何かが変わり始めます。

 

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

引き寄せにおける自信の必要性

f:id:attracted:20170131193239j:plain

はじめに

寄り道してしまいまいたが、今回からは「自信」について。まずはなぜ引き寄せに「自信」が必要なのか、その構造について考えてみましょう。

前提条件

そもそも引き寄せとは、

  1. 頭で願う
  2. 深層意識に届く
  3. 集合的無意識から似た思考が届く
  4. 思考が拡大し物理的に引き寄せられる

という流れでした。

このへんは何度もお伝えしているところですので、お時間ありましたら下記の記事などを御覧ください。

attracted.hatenablog.jp

さて、それで①の「頭で願う」を②の深層意識に届ける手段として、「すでに得た気分になる」というアプローチがあるのでした。

ただこのへんは皆様、いろいろな方法(瞑想、イメージング、アファメーション……etc)を使って実践されていることだと思います。

もちろん、上記の方法でも思考は現実となります。願望は実現します。しかし、それだけでは時間がかかってしまう可能性があります。これも以前にお伝えした通り、時間をかけると疑いが入り込む余地が生まれるからです。たとえ目の前まで願望実現がやってきていても、それは実現するまで目に見えないのです。そうならないために、つまり可及的速やかに願望を実現するために、今回の「自信」が必要となるのです。

自信が必要な理由

「自愛」というとなんだか宗教っぽい響きになってしまいますが、言わんとすることは同じです。自らを愛す、あるいは自らを信じる。それが願望実現への近道です。

それは、こんな流れ。

つまり、頭で願って深層意識に届ける際に、自信がなければうまく伝わりません。考えてみれば簡単な話です。だって「楽してお金儲けたい!」と頭で考えても、心のどこかに「取り柄のない私にそんなことできるわけない」と思っていたら、深層意識に染み込みませんから。

「楽してお金儲けたい」に対し、「そうだよ、私はその価値がある人間なんだよ」と肯定できる心があることが、スムーズな引き寄せに繋がるというわけです。その肯定できる心が自信です。

あるいは人間関係だったら、もっと即物的です。つまり「自信があること」そのものが、あなたの人間的価値を高めるのです。男女関係なく、自信がある人って魅力的ですよね。

そんなわけで自信。エイブラハムの「引き寄せの法則」でいうところの「許容し、可能にする術」という点がこの自信により成り立っているのです。

近日中にエイブラハムの要点もお伝えしようと思いますが、まずはこの「自信」の必要性について、心に留めておいてください。

次回は、実際の自信の持ち方について考えてみます。

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

量子論のパイロット解釈

f:id:attracted:20170322224314j:plain

パイロット解釈

はい、皆さんの「興味ねぇよ」という感じをひしひしと感じながら、パイロット解釈の続きです。

一粒の量子を発射したにも関わらず、2つの溝(スリット)を同時に通過したとしか思えない結果となった「二重スリット実験」。

その結果を受けて「量子は観測しているときは粒であり、観測していないときは複数の可能性が重なりあった波の状態である」との解釈が生まれました。これが現在主流となっている「コペンハーゲン解釈」です。

【参考】

しかしこの超物理的な解釈が「感覚的に受け入れがたい」との思いは、科学者だって同じです。

そんなときに提唱されたのがこのパイロット解釈。物理学者デヴィッド=ボームが、ルイ=ド・ブロイの説をベースに発展させたことから「ド・ブロイ=ボーム解釈」とも呼ばれています。

複雑でわかりにくい理論ではありますが、ざっくりいうと以下の通り。

すなわち量子はあくまでも粒の状態であり、単体で干渉縞を描くのは量子が進むより先に道筋となる波が出されているから。この波を「パイロット波」と呼びましょう。

f:id:attracted:20170502200335p:plain

まず量子を発射すると

f:id:attracted:20170502200357p:plain

道筋となるパイロット波が出るよ。パイロット波は見えないけど波だから、干渉縞ができるよ。

f:id:attracted:20170502200429p:plain

発射された量子はその波に乗って進むから、結果が積み重なればやがて干渉縞ができるよ。

という感じ。

 

パイロット解釈の欠点

「重なり合わせ!」とか無茶苦茶言うコペンハーゲン解釈に比べ、古典物理学に則った実在論で説明できることから、このパイロット解釈は、当時は多くの科学者に歓迎されたようです。

しかし残念ながら、その栄華もひとときのこと。やがて失速し、物理界で忘れ去られていくこととなります。

その理由のひとつはパイロット波って何よ?」ということ。つまり、こういう存在を仮定すれば説明はできる、というだけで、その証明には至らなかったのです。

また、方程式が複雑になるわりに、確定する量子の座標がシュレーディンガーの提唱する波動方程式と変わらないこともマイナスだったようです。同じ答えが出るなら、遠回りより近道の方が良いですよね。

さらにもうひとつの問題、つまり「観測下と非観測下の結果の違い」に対しても、パイロット解釈は説明しきれませんでした。

目の前に確かな実験結果が示されているわけですから、いかに信じがたい解釈であろうと、それを受け入れるほかなかったのです。

そんなわけでパイロット解釈は、一度は表舞台から遠ざかりました。

パイロット波の可視化

流れが変わったのはそれから半世紀近く経過した2005年のことでした。

フランスの大学のチームが、なんとパイロット波の可視化に成功してしまったのです。

実験はこんな感じ。すなわち細かく振動させた水の上に、非水溶性のシリコンオイルを一滴垂らします。垂らしたシリコンは、水面からバウンドするような動きを見せました。このへんは理解の範疇です。水と合わせて揺れる水面近くの空気がクッションとなり、沈むよりも先にシリコンを弾き返したのでしょう。

f:id:attracted:20170502202709p:plain

f:id:attracted:20170502202946p:plain

ここまでは良いのです。しかし、シリコンの観察を続けると、今度は曲線を描いて動き出したのです。水面は水平であり、外部からエネルギーは加わっていません。しかし、何らかの規則性を持って、水面の波紋に導かれるように、確かにシリコンは動いています。

やがてこの実験を受けたMITのチームは、この波紋こそが、パイロット波と同一と考えます。ではどうやって同一だと証明するのか。

そうです。ここでもう一度、「二重スリット実験」です。

振動する水面に落としたシリコンを使った、二重スリット実験。その結果は、見事に干渉縞が生まれました。ミクロの世界の話だった量子論が、人間の肉眼で見える世界で再現されたのです。

もちろん、これはただ干渉縞が生まれただけで、量子論がマクロに当てはまるというわけではありません。量子におけるパイロット波の存在が証明されたわけでもありません。

しかし、ミクロとマクロの類似性は、「ミクロは異世界」と考えてしまいがちな量子論の思考を、新たな段階に引き上げたように思えます。つまり、ミクロの延長線上に、僕達の見える世界があるということ。

量子論だから認められた不可思議な現象もまた、物質世界に何らかの影響を与えているのかもしれません。

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ