読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY7

f:id:attracted:20170127195503j:plain

お金を引き寄せるステップ7日目

ステップ1

今日もまずはメモってみましょう。昨日想像したことと、今日起きたこととの共通点。できごとだけじゃないですよ、あなたの感情の変化忘れずに。

ステップ2

さて、今日で約束の1週間です。でも変わらずに瞑想をしましょう。瞑想して想像しましょう。今朝起きてからの1日。あったこともなかったことも、同じストーリーのなかに落とし込みましょう。

役者としてのあなたはすっかりベテランですから、なかったこともあったかのように演じられます。

監督としての手腕も上がってますね。本当はなかったはずのできごとを違和感なく、自然にストーリーに溶け込ませています。

ステップ3

想像のなか、今日も駅から遠回りして帰りましょう。本当はどの道を通ったかは気にしない。なぜなら、その道を通って家に帰ると、なぜか玄関に違和感があるから。

今日もちょっと違和感はあります。でも、昨日よりは自然です。結局違和感の正体は見つかりませんでした。

玄関を開けて家に入ります。昨日グレードアップしておいた家電や家具はそのまま残っています。ほぉ~~っとひと安心。吐息は現実です。

リビングのドアを開けると、やっぱりソファには友情出演のあの人がいます。今日はなぜか、拍手して出迎えてくれました。

友情出演と思っていたあの人は、実は映画のスポンサーだったのです。びっくりですね。その人はあなたに出演・演出・脚本のギャラをくれました。予想外の金額です。しかもむき出しの現金です。あなたはちょっとはしたないかなと思いつつ、現金を自分の財布にしまいます。

さあ、映画はエンディングです。あなたはあの人と1週間分の映画について語り合います。

現実に起きたことを想像したのか、想像したから起きたのか。まあ、どっちでも良いじゃないですか。大切なのはいま、あなたの想像と現実が非常に強くリンクしていること。

出演料は、近いうちに、ちゃんとあなたに支払われます。

 

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY6

f:id:attracted:20170119214728j:plain

お金を引き寄せるステップ6日目

ステップ1

今日も基本は同じです。昨日の瞑想で思い描いたことと今日のできごとを比べてください。共通することはありますか? ありますよね。だって、駅からの道、遠回りしましたものね。あれ? 通ってから想像したんでしたっけ? 想像してから通ったんでしたっけ? まあ、どっちでもいいですね。大事なのはあなたの想像と現実に共通点があることです。

今日もその共通点をメモっておきましょうかね。

ステップ2

はい、もうすっかり慣れてきた瞑想劇場です。お腹からゆっくり息を吐き出しながら、ストーリーを思い描きましょう。

今日一日を思い出しながら、ストーリーをなぞるのは同じです。そこにちょっとずつ「あったら良いな」というシーンを入れていきましょう。挿入したシーンが現実になることを、あなたはもう知っているはずです。

ステップ3

今日も別の道を通って駅から帰ってきました。目の前は玄関です。でもやっぱり違和感があります。なんだろう? わからないけど開けるしかないですね。実際あなたは今日すでに玄関を開けたんですから。

玄関を開けても違和感の正体がわかりません。三和土も廊下もいつも通りです。おかしいですね。でも、違和感があって仕方ない。

せっかく違和感があるのだから、いっそのこと、もっと変えちゃいましょうか。TVのサイズを大きくして、PCを最新にして、欲しかったソファを置いて……あら? 今日はソファの上に友情出演のあの人が座っていますね。

せっかくだからゆっくり話しましょうか。思えば毎日会って、何日目でしょうか。この人と会うと良い気分になるんですよね。それこそ、安堵の吐息がほぉ~~って漏れるくらい。あれ? その吐息は現実でしたっけ? それとも想像?

 

 

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY5

f:id:attracted:20170119214626j:plain

お金を引き寄せるステップ5日目

ステップ1

昨日の映画には、行っていないはずの場面が登場してしまいました。これはいけない。いくら監督とはいえ、やらせ・捏造にうるさい昨今。炎上してしまうかもしれません。逃れる方法はひとつ。実際に行ってくることです。

幸い、駅からの道を変えただけでしたよね。サクッと行ってきちゃいましょうよ。あ、もちろん明日でも大丈夫です。1日くらいの違いは、誤差です。

ステップ2

さあ、昨日捏造したシーンについては明日行くということにして、今日の瞑想に入りましょう。

毎度おなじみ今日一日のできごとを振り返りながら、自分好みのシーンをちょっとだけ追加していきましょう。

ついでだから昨日の瞑想で通った駅からの別の道は、今日も通ってみましょうか。たぶん、今日もいますよ、友情出演のあの人。何話しましょうかね。楽しみですね。楽しかったですね。

ステップ3

さあ、今日一日を思い出しながら、別の道を通って駅から帰ってきました。あれ今日は何曜日でしたっけ? まあいいじゃないですか。あなたはいつもと同じ毎日を繰り返しながら、ちょっと違う道を通って帰ってきました。帰り道であの人に会うのも、なんならいつも通りです。

さて、家について、玄関を開けましょう。あれ? ちょっと違和感がある。なんだろう? いつも通りの玄関だけど、ちょっといつもと違う気がする。なんだろう。違和感は確かに存在するけど、その正体にあなたは気づきません。

 

なんだかホラーっぽくなってきました(笑)

大丈夫、へんなことにはなりませんから。

あったかくしてゆっくり眠ってください。

おやすみなさい。

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY4

f:id:attracted:20170308190004j:plain

さて、昨日は飛び入りの友情出演もあった瞑想(妄想?)劇場。いかがな調子でしょうか? 瞑想自体を楽しむだけで大丈夫。呼吸は、はぁ~~のため息ではなく、ほぉ~~の安堵の吐息ですよ。

お金を引き寄せるステップ4日目

ステップ1

さて本日は土曜日(後日読まれている方は適宜変換をお願いします)。

昨日の一日を思い描いた瞑想と同じできごとは少なかったかもしれません。大丈夫、そんな日もあります。しかし、一致した部分は本当にゼロでしたか? 天気は? 気分は?

少しでも想像通りのことがあったら、今日もメモっておきましょう。

ステップ2

シリーズでお送りしてきた自分劇場は、週末は番外編に突入という方も多いことでしょう。ただし流れは昨日までと同じ。瞑想しながら今日一日のできごとをトレースし、そこにあったら良かったこと、ものなどをアレンジとして加えていくのです。

そしてもうひとつ、瞑想自体を楽しむことも忘れてはなりません。ほぉ~~と吐き出す安堵の吐息。呼吸のたびにあなたの心は、ぽかぽかと温まります。

ステップ3

さて、昨日は友情出演の特別キャストが登場しました。今日はもっと大胆にアレンジして、行っていない場所を登場させてしまいましょう。

ただし基本は今日一日のトレース。その流れのなかに、今日は行かなかった、けれどもあなたが簡単に行けて、馴染みが深い場所のシーンを挿入してみてください。

あんまり唐突な場所だと物語が破綻してしまいますね。じゃ、駅から道を変えるくらいにしておきましょうか。いつも通る道ではなく、ちょっと遠回りな別の道。

あれ? 思い出しながらその道を通ってみると、昨日友情出演してくれたキャストが今日も居るじゃないですか! 2日連続でばったり会うなんて、なんだか運命を感じますね。会話の楽しさも昨日以上です。

 

はい。そんなわけでだんだん原型を留めなくなってきている「あなたの一日のトレース」劇場。今日はこのへんで終わります。

おやすみなさい。

 

 

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY3

f:id:attracted:20170131193239j:plain

お金を引き寄せるステップ3日目

昨日は映画「4月6日」の瞑想(妄想?)をして頂けましたか? そして今日はどんな1日でしたか? 昨日思い描いたポジティブな気持ちが少しでも生まれませんでしたか?

この調子で続けます。今日は待ちに待ったあの名作の続編、「4月7日」です!

ステップ1

今日も昨日の想像と同じだったこと、違ったことといろいろあると思います。スマホのメモ帳でもチラシの裏側でも構いません。想像と一致したできごと、会話、食事、天気、そして感情。それらをまずはチェックしつつ、今日の続編の案を練りましょうか。

ステップ2

では、いつもの瞑想です。映画「4月7日」は、大好評につき大幅なアレンジでお送りしましょう。なんと今日は友情出演のキャストが登場します。

誰でも良いです。誰かポジティブな気持ちを持つ相手。その人が、今日あなたが過ごした4月7日にひょっこり登場します。

どこに出てくるでしょうか? 朝の電車のなかでばったり会う? それともランチタイム? あるいは家に訪ねてくる? どのようなシーンでも構いません。友情出演の方は、本来いなかったあなたの今日に顔を出すのです。

もちろん、会話もあります。どんな会話をしたんでしたっけ? 集中して思い出してください。あなたの映画「4月7日」には、確かにその人が登場するのですから。

ステップ3

さて、そんな予想外のキャストの登場で、あなたはどんな気分になったんでしたっけ? しっかり思い出してくださいね。うれしい。楽しい。わくわくする。ムラムラする。なんだか良い気分になったんですよね。もちろん映画「4月7日」の話ですよ。

さて、シリーズ3作目を迎えた自分映画。だんだん本当の1日とは離れてきますが、別にいいじゃないですか。主演も監督も脚本も、ぜんぶあなたなんですから。

ポジティブなシーンも多くなってきましたね。なんだか寝る前の瞑想が楽しみになってきていますね。

でも名残惜しいけど今日はこのへんで。

おやすみなさい。

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY2

f:id:attracted:20170302210505j:plain

お金を引き寄せるステップ2日目

昨夜はきちんと瞑想して頂けましたか?

昨日一日のオリジナルVerとアレンジVerの再生もしましたか?

その再生のなかにあった出来事、行動、感情が今日の生活に表れませんでしたか?

ステップ01

昨日一日を思い出して瞑想したのですから、今日それに似たことが起きても「そんなの当たり前だ」と思うかもしれませんね。

でも、なんで当たり前なんでしょうか?

あなたは自分の意志で生きている。あなたの前に無数の選択肢が存在している。しかし今日は、あなたが昨夜想像したことが起きた。

それは、あなたがそんな「今日」を引き寄せたからです。

思考は現実化する。昨夜あなたが頭のなかに描いたことが今日起きたなら、それはあなたの思考が現実化したのです。なんの矛盾もないじゃないですか(ドヤ顔)

というわけであなたは思考の現実化を体験しました。スマホのメモ帳で構いませんから、昨日の想像と今日の現実で一致したことを書き記しておいてください。書きましたか?

ステップ2

では今日もやっていきましょう。はい瞑想です。

でも映画「4月6日」はオリジナルVerは割愛しましょう。その代わり、アレンジVerをもっと長めに見てみましょうよ。

基本の流れは変えませんよ。舞台はあなたが体験した4月6日。キャストもあなたが会った人たち。でもしなかった会話はしたことにしても構いません。食べなかったものを食べたことにするのも、見なかったものを見たことにするのも、言われなかったことを言われたことにするのも。主演はあなたですから、シーンの変更は簡単。客観的に、映画を見るようにですよ。

ステップ3

さあ、追加シーンがいろいろ増えた映画「4月6日」。今度はそこにそして昨日と同様、前向きな感情を付け加えてください。

映画で、あなたが主演ですよ。うれしいときのアクションてどんな感じでしょうかね? 飛び跳ねて喜ぶのはやり過ぎです。だって、現実に起きたことに対しては、あなたはもっとスマートに対応するはずじゃないですか。心の内側ではうれしい。でも大げさな演技はいけない。さりげない仕草が腕の見せどころです。

さ、今日もこんなところで良いかな。

おつかれさまでした。おやすみなさい。

 

お金を引き寄せる1週間チャレンジDAY1

f:id:attracted:20170404185318j:plain

はじめに

体験のためには確信が必要で、確信のためには体験が必要。そんなタマゴかニワトリかみたいなパラドックスが、昨日の話でした。

もちろん方法はあります。

というわけで今日からは実際の引き寄せにチャレンジ。ご自身で体験して頂くことで、少しずつ確信を深めていきましょう。

望みは何でも構いませんが、一応、成果がわかりやすいお金にしておきましょうか。それから話の都合上、できれば水曜日にスタートしてください。

お金を引き寄せるステップ1日目

ステップ1

はい瞑想です、瞑想。できれば今日寝る前に10分だけ瞑想してください。

たしかに昨日、意識的な行動、面倒なことはしなくて良いと言いました。しかし瞑想は行動ではなく、思考(のための準備)です。お願いだからやってください。

瞑想の方法はこちら参照

attracted.hatenablog.jp

あまり難しく考えず、楽な姿勢で、深く呼吸するだけで大丈夫です。ただし呼吸はお腹から。ハァーーーと胸から吐く呼気はため息です。ホォーーーと腹から吐く呼気は安堵の吐息です。腹から息を吐くのはそれだけで心地良い気分を促します。

ステップ2

深い呼吸で気分が良くなったら、次に思考の焦点を決めます。しかし、ここではまだお金のことではありません。急がば回るのです。

まず今日、思考を定めるのは、今日一日のこと。

朝起きてから支度して、駅に向かって、電車に乗って、会社や学校に出かけて、ランチを食べて、また戻って、帰宅して、夕飯食べて、誰と話して、何を思った。今日一日の内容を、なるべく詳しくトレースしてください。

難しく考える必要はありません。ただ今日一日をなぞるだけ。ただし、できれば映画を見るように、あなたの行動を客観的に鑑賞してください。主演あなたの映画です。

しかし、なるべく詳しく思い出しつつ、再生は早送りで。5分くらいかければ十分です。

ステップ3

さて、先ほど再生した映画。タイトルは「4月5日」、主演はあなたです。さらに監督・脚本もあなたです。

映画は大好評につき、もう一度上映されます。一回再生したばかりなので、たぶんさっきよりスムーズでしょう。

でもまったく同じ内容じゃつまらない。監督・脚本もあなたですから、ちょっとだけ内容をアレンジしちゃいましょうか。ちょっとですよ。

朝食はパンだったけど、今度は和食にしてみましょうか。一本早い電車に乗ったり、暖かい気温にしたり、ネクタイやスカートの色を変えてみたり。通り道の桜は、もっと咲いている。同僚やクラスメートとしなかった会話をしてみる。それから今日は持たなかった良い感情をもってみる。桜が綺麗。話して楽しい。ご飯がおいしい。天気が気持ちいい。

どうでしょうか? アレンジしたバージョンの映画は、ちょっとだけ本物の今日よりも素敵になるのではないでしょうか?

はい、そこまでやったら今日は十分。おつかれさまでした。まだ夜は冷えるので、あったくしておやすみなさい。