読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙は自分自身であるという哲学

f:id:attracted:20170316194645j:plain

はじめに

前回は対象を多角的に捉えるためには、自己の拡大が必要という話でした。ここで間違えてはならないのは、自我の拡大ではなく、自己の拡大という点。自我を抑制するために自己を拡大するのです。哲学です。

自分の観測位置を変えるだけでは、物事の異なる側面を見ることはできるけれども、その一側面がすべてになってしまう。昨日の三角コーンの例でいうなら、横から見ていて三角だったものが、自分が上から見下ろして見たら丸になる。しかし今度は「丸いもの」という単一の判断になってしまうよ、ということです。

f:id:attracted:20170402160416p:plain

複数の側面を同時に見るには、自己を拡大するしかないということでした。

でも、本当にそうなのでしょうか? 例えば自分を可能な限り拡大したとして、裏側を同時に見ることはできないような気もします。

f:id:attracted:20170402161420p:plain

上図のようなイメージです。いくら拡大しようとも、死角というものは存在しそうな気もします。

自己の拡大の実践

ここでひとつ考えてみましょう。

いま、みなさんが居る地球上の位置から、ちょっと上昇してみましょう。もっと上です。大気圏を飛び出して、宇宙空間へ。月の近くまで行ってみましょうか。暗い宇宙のなかにポツンと浮かぶ美しい地球、きっと以前に写真で目にしたことがあることでしょう。

今度はもう少し離れてみましょう。太陽系には太陽を中心に、8個の惑星が公転しています。赤く燃える太陽と、その周りに浮かぶ惑星。これもモデルなどで見たことがあるでしょうか。

今度はさらに遠くまで飛び出して、私たちの居る天の川銀河を想像してみましょう。ぼんやりした渦のような形の銀河が浮かびますね。太陽系の直径は約3光年、天の川銀河の直径は約33万光年。銀河のなかで太陽系は、小さな粒のような存在です。

まあこのへんで良いでしょうか。

さて、あなたは今、途方もない大きさの宇宙を心に描きました。つまり、あなたの心(≒思考)は宇宙が入りきるだけのサイズがあるわけです。

「ただ想像しただけだ」なんて思いますか?

でもさっきから出てる三角コーンだって、想像しただけじゃないですか?

あなたの意識が拡大して、そのなかに三角コーンがある。だから裏側だって見ることができるのです。

f:id:attracted:20170402164214p:plain

 

宇宙と自己の同一視

あなたは宇宙に行ったことがないのに、宇宙を思い描いた。

つまりあなたの宇宙は、あなたの心、意思、思考、記憶が存在させている。

そこに存在する物質もまた、あなたが存在させている。

なぜなら物質は宇宙の一部だから。

そして、あなた自身もまた、物質である。

つまりあなたは宇宙そのものである。

 

もちろん「あらやだ、私、宇宙だったの?」とワイドショーの不倫報道のようにあっさり理解できる話ではないでしょう。

しかし、この思考こそ、論理的思考を重ね、深い知見を得た科学者たちが最後に行き着く、哲学的思考なのです。多くの宗教が説く教義も、掘り下げるとこの思考に行き着きます。

繰り返します。

あなたの宇宙は、あなたが存在させている。

そのあなたもまた、宇宙の一部である。

つまりあなたが常識であると考えている後付けの価値観も、

あなた自身が存在させている。

ならば存在させないと決めれば、その存在理由はなくなる。

すべての決定権は、あなただけが持っている。

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ