読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【引き寄せと科学05】集合的無意識にリンクする方法

f:id:attracted:20170308190004j:plain

表層意識と集合的無意識の関係

前回までのお話で「潜在意識(=無意識、深層意識)」と、「集合的無意識」の存在についておわかり頂けたかと思います。

ではなぜ「潜在意識」に働きかけることが引き寄せに繋がるのか。今回はそんなお話です。

ひとつずつ考えてみましょう。

f:id:attracted:20170308192440p:plain

これがふだんの私たちです。1日に6万回繰り返されるという人間の思考。しかし6万回も意識して思考している人はいませんよね。つまり思考の大半は「潜在意識」の方で処理されているのです。

そしてもうひとつ大切な点。集合的無意識のある場所。これは宇宙の彼方ではなく、心の内側にあると仮定しましょう。私たちはお天道様やお星様にお願いをしたり、見果てぬ宇宙に思いを馳せたりと、こと願いに関しては上を向く傾向があります。

しかし現状、相対性理論が正しいとすると、宇宙の彼方に思考(という電磁波)を送る方法がありません。超自然的な、あるいは未知の科学であるという可能性もありますが、そうするとただのオカルトになってしまいます。よって、集合的無意識は内側の宇宙、インナースペースにあると考えておくのがスムーズです。だから願いごとは上ではなく、心の内側を向いてするべきです。

で、そんな集合的無意識ですが、私たちは表層意識から直接アクセスすることができません。日常的に集合的無意識からのメッセージを受け取っているという人は、たぶんいないことでしょう。おそらくバシャールやエイブラハムはこのメッセージだろうと思いますが。

というわけでここまでの結論。表層意識は深層意識にかろうじてアクセス可能、深層意識からは集合的無意識にアクセス可能、しかし表層意識から集合的無意識へのアクセスは不可能ということになります。

f:id:attracted:20170308192451p:plain

集合的無意識からのメッセージ

そんなわけで、私たちが集合的無意識にメッセージを送るためには、無意識レベルの思考に着目する必要があります。このあたりが引き寄せで言われる「すでに願いが叶った気分になる」ということなのですが、方法論については日を改めて。今は「無意識のレベルでの思考でなければ、集合的無意識に届かない」ということを覚えておいてください。

さて、このたびめでたく、無意識から集合的無意識にメッセージが届きました。さあ、ここからが引き寄せです。なんでだ?

至極当然の疑問です。集合的無意識は人類共通の記憶ともいうべきものでしたから、たとえば種の保存や生存本能のような部分では最適解を持っていることも理解できます。でも楽してお金儲けたい! 新作のハンドバッグが欲しい! 気になるあの子と付き合いたい! なんていう私利私欲に塗れた願いも、この集合的無意識さんは平等に叶えてくれる(らしい)じゃないですか。なんでそんな都合の良いシステムがあるのでしょうか。

引き寄せの構造

はい、これが集合的無意識の肝でございます。集合的無意識というくらいですから、もちろん無意識です。そして先述の「後付けの価値観」もない、純度100%の無意識です。当然、後付けの価値観が判断するような善悪の区別はありません。私たちが望むかどうか。私たちの思考の波長と合っているかどうか。大切なのはそこだけです。

私たちの思考が無意識レベルまで刷り込まれ、集合的無意識に送られる。するとそのデータベースから似た波長の思考が引き出される。無意識の思考はますます強化される。強化された思考は、やがて意識レベルを越えて、物質レベルにまで顕れる(このへんは次回以降)。そして望みが叶う、という寸法です。

そんなわけで、今回は思考の流れについて考えてみました。次は、もう少し踏み込んで引き寄せの話について。

追伸

ちなみに先程、わざと私利私欲だなんて言ってみましたが、これは一度意識して頂きたかったから。皆さん、自分の望みが私利私欲だと思われますか?

いいじゃん、私利私欲。

誰に見せるでもない心の中。そこが自分本位であることは、至って正常。そこに感情などいろいろ加味されて行動という段階になったとき、誰かのためになるようならそれで良いのです。引き寄せや思考というぶっちぎりのセルフプレーのとき、私利私欲を理由にブレーキをかけること、それこそ後付けの価値観のしわざにほかなりません。

 

 

 

[引き寄せと科学04]無意識の存在証明と集合的無意識

f:id:attracted:20170302210505j:plain

科学と引き寄せの前提条件

さて、今回は量子論的解釈について。

の前にお断りを。スタートラインからそうなのですが、僕は引き寄せの科学的根拠を断定するつもりはありません。

皆さん(と自分自身)の「確信」を加速することを目的とする当ブログ。「これは科学的にも証明されているのです!」と言い切るができればそれは良いことですが、引き寄せという目に見えない現象においてそれは困難です。

できることは科学の概略をわかりやすくご紹介しつつ、それが引き寄せの法則の解釈に繋がるんじゃないかというご提案をしてみるだけ。あるいは自身の体験を、科学との紐付けをしつつご紹介するだけ。

言い訳がましいようですが、何度も言うように確信は体験によってのみ生まれるのですから、その体験の元となる情報をさまざまな角度から紹介していくよという趣旨でございます。とりあえずそんな前提で進めてみましょう。

量子論で証明する無意識の領域

量子論の主流となるコペンハーゲン解釈によれば、観測前の量子は可能性の波、つまりぼんやりとした状態で複数箇所に同時に存在しているのでした。

しかし量子は極小であるため、その存在可能性の分布範囲はマクロの視点から見ると非常に狭いのです。つまりA地点であろうとB地点であろうと(マクロ的には)同じにみえるため、結果として量子の集合である物質や生物は常に定量的な形を保って見えるのです。

しかし問題の本質はそこではありません。量子という可能性の波であること、それが観測することで実在となること。では、常に実在していることを知っている私たちそれぞれの体は、誰によって観測されているのか。

たとえばコタツに入っていて下半身が見えなくても、僕はそこに自分の足があることを知っています。もちろん観測は目だけではありません。血が流れ、温度を感じ、触れる布団の柔らかさを知覚している。それももちろん観測です。でも意識はしていませんよね。コタツに入りながら「よし、足あるな」なんて常に考えていたら、ミカンも喉を通りません。無意識に観測し、無意識に知っている。

つまり僕の体を実在させている観測者とは、僕の無意識(=潜在意識)ということになります。

意識と集合的無意識の繋がり

先日の図で言いますと、常に見えないと思っていた潜在意識が

 

f:id:attracted:20170301184315p:plain

実はしっかり僕のことを見てくれていたのです。そうでなければ常に実在していることの説明がつきませんから。良かった。届かぬ思いを伝えるだけの片思いではなかった。

 

f:id:attracted:20170302210835p:plain

さらに言えば、潜在意識は集合的無意識と繋がっているのですから、つまり僕の人生は集合的無意識が常に見守っているということになります。

f:id:attracted:20170302210851p:plain

こちらから同調することができ、あちら側から見守っている。つまり相互作用がある。ここでもう一度思い出して頂きたいのが量子物理学者エルヴィン・シュレーディンガーの言葉。

「一切の精神はひとつだというべきでしょう」

ここまでお読み頂ければ、この言葉の意味が以前より少し腑に落ちるのではないでしょうか。そして深層意識に同調することの重要性も、改めてわかって頂けるかと思います。

 

次回はそんな集合的無意識の正体について。

[引き寄せと科学03]集合的無意識との伝達手段

f:id:attracted:20170301225404j:plain

潜在意識の存在証明

なぜ潜在意識と同調することで願望が引き寄せられるのか。その原理の部分を紐解いてみましょう。まず手始めに潜在意識の存在証明から。

アフリカを思い浮かべてください。

きっと広いサバンナや野生動物、過酷な天候などが浮かぶことだと思います。ではそこにある民族がいます。どんな民族ですか?

高くジャンプするマサイ族、青い衣装のトゥアレグ族、華やかな衣装のボゾ族、あるいは下唇にお皿を入れたムルシ族が浮かぶ人もいるでしょうか。どの民族が浮かんだとしても、それはあなたが今までに旅行、テレビ、雑誌、インターネット、噂話などで目や耳にしたことがあるからです。

行ったことがなければ、ダデス渓谷にあるホテルで毎夜タイコを叩いて暮らしているベルベル人が浮かぶ人はいないでしょう。人が意識的に引き出すことができるのは、表層意識の記憶だけなのです。

さて、今度は寝ている時の夢について考えてみましょう。

見たことも行ったことがない場所、一度も会った覚えのない人が夢に登場した経験はありませんか? しかし、夢だって無から創造されるわけではありません。アルファ・ケンタウリの衛星の地表は誰も見たことがなくても、それが岩石質の惑星であるという情報を知っていれば、火星や月を元に想像することができます。不思議であるのはなんの情報もなく、想像すらもできない、いや想像するというスタートに立つことすらない意識外の事象が、夢には登場しうる点です。

夢のなかで初めて登場する人物は、実はあなたがどこかで目にしたことがある人物です。満員電車に乗っているすべての人を覚えていられませんよね。一度目にして、すぐに忘れる。あるいは「覚える」という行為の対象にならない他人。しかし目から入った情報は、無意識の領域に保存されているのです。それが夢のなかで引き出され再映像化されるわけです。夢に(主観的には)未知である情報が登場すること。それが無意識の存在証明にほかなりません。

意識と集合的無意識とのネットワーク

さて、以上の内容から深層意識の存在はおわかり頂けたと思います。そして集合的無意識の存在は、言語や神話の共通性のあたりをご参照くださいませ。

attracted.hatenablog.jp

この集合的無意識というデータベースがあるという前提ですから、そこに情報のインプットは不可欠です。どこかから情報が送られるからこそ、集合知としての無意識が成立するのですから。しかし私たちは、日々せっせと集合的無意識にデータ送信などしておりません。つまり無意識です。このことから、集合的無意識と潜在意識がネットワークで繋がっていることがわかります。

相対性理論とビッグバンが説明する宇宙とのリンク 

では、いかなるネットワークで人間の心と集合的無意識が繋がっているのでしょう。ここで当初から長々と続けてきた科学の話となります。

特殊相対性理論によると、質量とエネルギーは等価であり、質量とはエネルギーの一形態でした。つまり私たち人間の存在はそれだけでエネルギーであると言い換えることができます。それどころか、海も木も風も動物も石も金属も地球も火星も太陽も隣の銀河もなにもかも、私たちの知る宇宙すべてがエネルギーなのです。

attracted.hatenablog.jp

考えてみてください。宇宙は無からビッグバンによって誕生しました。では宇宙で最初にできた素粒子は無から誕生したのでしょうか? 宇宙で最初にできた星は、無から突然誕生したのでしょうか? そんなはずはありませんね。無はいつまで経っても無です。宇宙最初の素粒子やその塊である星は、宇宙を満たしているエネルギーから変換されたのです。

さて、ここで138億年前に思いを馳せてみましょう。原初の宇宙は無限の質量を持つ、米粒よりも小さな物でした。あるとき特異点が生まれ、宇宙はそこから爆発的に拡大します。同時に無限の質量が宇宙に広がり、星々が生まれます。その星のなかで奇跡のような確率で化学反応が起きて、水が生まれ、有機物が生まれます。その有機物が時間を経て進化し、動物となります。

無限の質量を持っていた小さな小さな最初の宇宙。すべてはそこから生まれました。つまりエネルギーでもある宇宙の構成要素すべてが、元はひとつだったということになります。

量子論の終盤に登場した「量子もつれ」の話を思い出してください。無理やり2つに分けられた量子は、どんなに遠く離れていても片方の状況を瞬時にもう片方に伝達する性質がありました。ならば元はひとつだった宇宙すべての構成要素に、伝達する手段が残っているのも当然の帰結となります。

attracted.hatenablog.jp

これが宇宙と人間が繋がり、記憶や意思を伝達している方法の一側面なのです。たぶん。

ざっくりとではありますが、「なんで人間の意識が集合的無意識と交信できるんだ?」という疑問に対して、まずはこのような推論を提示させて頂きます。

 

次回も引き続き引き寄せの科学について。

[引き寄せの方法論04]潜在意識との調和について

f:id:attracted:20170301193254j:plain

潜在意識との調和はオートマチック

さて、昨日は深層心理、スピった言い方をするなら「内なる自分」と調和することが引き寄せの最短ルートですという話でした。なぜ? の話に行く前に、補足を少々。

潜在意識はその名の通り自覚することができません。ではどのように同調するのか。実はとても簡単なのです。

もともと意識と潜在意識は繋がっているのですから、放っておけば勝手に同調してくれるのです。それを邪魔しているのが、後付けの価値観です。

先日の借金を例にするなら、潜在意識はとっくに豊かさの方に行っているのに、表層意識はそこに同調しない。それは「借金を返すのは大変」「お金を稼ぐには苦労がつきもの」「自分は貧乏」「お金は仕事の対価」という後付けの価値観でがんじがらめにされているから。

しかし前述の通り、後付けの価値観は簡単に捨て去ることはできません。その必要もありません。必要なのはその判断が「後付けの価値観のしわざだ」と気づくことだけ。それにより、消去法のように本来潜在意識と同調するはずだったあなた本来の意識が見えてくるのです。

本能の快感に焦点を当てる

さらに潜在意識と調和しやすくなる方法論をひとつ。後付けの価値観に左右されない! というのが潜在意識との同調の近道でした。そこで後付けで価値観が生まれる前からあなたが持っている感覚を重視してみるのです。

たとえば好物を食べておいしいと思うこと。この「おいしい」の部分は、後付で教えられたことではなく、あなた自身の感情です。あるいはセックスが気持ちいいこと。風景や音楽に癒やされること。

その情動の部分をいつもより少しだけ深く感じ取ることが、潜在意識との同調に繋がります。

嗅覚は最強の意識変革ツール 

そしてそれらを越えてさらなる効果が期待できるのが、匂いです。ある匂いを嗅いで、突然昔の記憶が蘇ったこと、ありませんか? たとえばある香水の匂い。

「あ、香水の匂い」

 ↓

「これは昔つきあってた人がつけていた◯◯だ」

 ↓

「そういえば一緒に旅行に行ったときもこの香水をつけていたな」

 ↓

「あれは確か石垣島だったな」

というステップを一切踏まず、「香水」→「石垣島の海」という記憶想起が瞬間的に起こるのです。 

これは「プルースト効果」と呼ばれる現象で、嗅覚だけが大脳新皮質を経由せず、海馬や扁桃体といった感情や本能を司る部分と直接繋がっていることから起こります。つまり嗅覚は脳の深くとダイレクトに繋がるため後付けの価値観が入り込む余地が少ないのです。 

経済的な成功を望むなら毎日お金の匂いを嗅ぐのも良いでしょうし、復縁を望むなら好きな人がつけていた香水を嗅ぐのも効果的です。潜在意識と同調する手段として、ぜひとも試してみてください。

お金の匂いを嗅いでるところを他人に見られると、得るもの以上を失う可能性もありますが。

今回はここまで。次回からは引き寄せの原理の検証に入ります(たぶん)。

[引き寄せの方法論03]引き寄せ実感の最短ルート

f:id:attracted:20170301173805j:plain

意識と無意識とユングの見た夢

後付けの価値観を全部捨て去ってしまえば、その内側に本当の自身の意志がある。前回はそんなお話でした。

もちろん、後付けの価値観を捨て去ってしまわなくても、内側にあなたの本質があることは変わりません。少し見えにくいだけです。そして「確信」の元となる体験もまた、後付けの価値観になってしまいます。つまり体験を、本質の部分にまで落とし込んで理解すること。その「確信」が引き寄せを加速するために効率の良い方法なのです。

そこで今回は本質の部分の感じ方、動かし方を考えてみましょう。

――私は深い霧のなかを、手に灯火を持って歩いていました。そのときふと、後ろから真っ黒で巨大な入道が追いかけてくることに気づきました。その入道は、逃げても逃げても、どこまでも追いかけてきます。私は逃げながらも、なぜか手のなかの灯火は決して絶やしてはならないという思いをいっそう強めたのです――

これは学生時代のカール・ユングが見たという夢です。もちろん追いかけてくる入道は、灯火の光で背後の霧に映し出された影です。さらに言えば、手のなかに大切に持っている灯火が表層意識(後付けの価値観による判断)であり、その巨大な影が深層心理ということになるでしょう。事実、ユングはこの夢をきっかけに心理学の世界を追求し、深層心理や集合的無意識の提唱に至ります。

さて、ユングの夢も示唆する通り、意識と無意識は密接に繋がっています。そして(ユングによれば)無意識の方は、さらに集合的無意識にも繋がっています。つまり間に無意識を挟みますが、意識は集合的無意識と繋がっているということになります。

脳と宇宙の類似性

さて、集合的無意識の話に踏み込む前に、下の画像を見てください。

f:id:attracted:20170301184206j:plain

左はネズミの大脳、右は宇宙の画像です。言うまでもなく、そっくりです。そして脳を構成する原子の構造が、恒星と惑星の構造に酷似していることは以前に書いた通り。空間的制限がないことも宇宙と心の共通点であるということも、以前お話ししました。つまり内側と外側、心と宇宙、それが根源的に同一であるという論が、にわかに真実味を帯びてきているのです。

無意識との乖離が不快の原因

まずここでは内側の心であるか、外側の宇宙であるかは別にして、私たちの表面的な意識が、集合的無意識に繋がっていることを前提としてみます。

f:id:attracted:20170301184315p:plain

集合的無意識は人類共通の知識でした。無数の人々の経験が、クラウドで保存されている場所。そこに想像を越えた叡智があることは間違いありません。

さて、あるときあなたの目の前に(後付けの価値観の判断による)不快な事態が発生しました。集合的無意識と繋がっている深層心理は、その不快の対極にある「快」の方へといち早く移動します。不快の反対は快感。非常にシンプルです。

f:id:attracted:20170301184934p:plain

しかし、表層意識のあなたは、後付けの価値観の影響により、その不快に近づいてしまいます。物理的に近づくのではありません。「なんて不快なんだ!」「なんで俺がこんな目に合うんだ!」「どうしてこんな不快が生まれたんだ!」と、不快の原因に焦点を当て続け、執着してしまうのです。

f:id:attracted:20170301184922p:plain

ここで深層心理と表面的意識の間に差が生まれてしまいました。これが不安や恐怖、悲しみといったマイナスの感情の原因です。

引き寄せを実感する最短ルート

今度はお金の問題を例にとってみましょう。

あなたは借金を抱えてしまいました。人類の叡智である集合的無意識借金が大した問題でないことを知っています。だから繋がっているあたなの深層心理に、「豊かさはすぐ隣にあるよ。移動してごらんよ」と教えます。あなたの深層心理は導きに応じて、豊かさの領域に移動します。

しかし、表面にいるあなたは「今月は借金を返せるだろうか?」「なんでこんなにお金がないんだろう」「生活が苦しい」「お金が欲しい!」と、借金やお金の不足にばかり執着してしまいます。実はすぐ隣に、豊かさがあるにも関わらず。

f:id:attracted:20170301185439p:plain

もうお気づきですね。これが引き寄せの原理です。さまざまな指南本で「すでに叶った心の状態になりなさい」と言われています。しかし、金持ちになったこともないのに、金持ちの気分なんてわからない。だからとりあえず欲しいものを買った気分になってみる。

そうではありません。あなたが不足を感じた瞬間、すでに集合的無意識から解決策は提示されています。あなたの内側の宇宙はそれに応じて移動しています。あと必要なことは、あなたが内面の位置に気づき、同調するだけ。それだけで、願い(つまり不足や不快の対局にあること)は実現するのです。

 

今回はややスピリチュアルな話に終始しました。次回は潜在意識との同調の補足を少々。それから原理について、少しずつ掘り下げてみます。

 

[引き寄せの方法論03]後付けの価値観による錯視

目で見た情報と脳の理解

本日話題になっているとある画像が、前回の記事の象徴的な例になりそうでしたので通常更新の前に補足的にご紹介してみます。

まずは下の画像を御覧ください。

f:id:attracted:20170302160802j:plain

水色の中に、グレーの丸があります。水色は「#B1FEFF」、グレーは「#9A9B9C」という色。紛れもない水色とグレーです。では次に、こちらを御覧ください。

f:id:attracted:20170302161038j:plain

トマトですね。赤いですね。

何度見ても赤にしか見えない。実際、画像をいじっている僕にも赤く見えています。しかしすでにお察しの通り、上記2つの画像は(ほぼ)同じ色です。

f:id:attracted:20170302161701p:plain

これは色の恒常性と呼ばれる現象のようです。「トマトは赤い」という前提知識があるから、どのようなホワイトバランスの元でも赤く認識する。もちろん「トマトは赤い」というのは後付けの価値観ですね。いかに人間の脳が知識・経験によって判断を下しているかがわかる話題です。

ちなみに恒常性(つねに一定と捉える)は大きさ、形、明るさなどにも見られるようです。

 

元ネタは立命館大北岡明佳教授のTWITTERより。

 

 

[引き寄せの方法論02]後付けの価値観による判断

f:id:attracted:20170301170543j:plain

確信する心の場所

「確信」に至るまでの最初のステップとして、まず「”確信”という心の変化」、つまりあなたの意識について考えてみましょう。 

あなたはTVのグルメ番組を見ています。登場したレポーターが、このような箸の持ち方をしていました。

f:id:attracted:20170301170647j:plain

出典:http://blog.livedoor.jp/sportsos/

f:id:attracted:20170301170627j:plain出典: http://up.gc-img.net

さて、あなたはどう感じるでしょうか? 育ちが悪い? 親の躾がなっていなかったのかな? 何か他に理由があるのかな? なかには明確な不快感を持つ人もいることでしょう。 

では、なぜ不快なのでしょう。行儀が悪く見えるから? 食べにくそうだから? 子どもも見るTVで教育上良くないから? どんな理由にせよ、正しくない箸の持ち方が不快感の根底にあることでしょう。 

ならば正しい箸の持ち方とはなんでしょう? 箸は紀元前14世紀、殷の時代からあったといわれています。行儀作法ができたのはずっと後のことですし、そもそも起源である中国では箸の持ち方に大きなこだわりはないようです。もちろん箸は道具ですから、効率的な使い方というのはあって然るべきです。しかし現在は、感情の変化まで起こす行儀作法となっているのです。

本来の意志とは別の価値観

さて、ここまでの話でおわかりのように、おかしな箸の使い方を見て不快感を覚えたのは、あなた自身の意識ではありません。あなたの知識と照らし合わせただけです。生きてきたなかで徐々に身につけた社会常識に照らし合わせて異端であり、その異端を見過ごすことが健全な社会構築に不利益であると判断し、最終的に不快感が湧き上がる。ただ不快という感情が浮かぶのに、このような流れを経ているのです。

この後付けの価値観が、エゴと呼ばれるものです。上記の例だけではありません。政治家の不正のニュースを見て怒りを覚える。長年付き合った恋人と別れて落ち込む。気に入っていた服に穴が開いて悲しい。職場に嫌味な上司がいて気分が悪い。お金がなくて心が落ち着かない。これらも全部、後付けの価値観に起因しています。 

政治家の不正が許せないのは選挙のときと言っていることが違うから、自分も払った税金が無駄になるから、政治家は正しくあるべきだから、楽して金儲けするのが妬ましいから。

恋人との別れがつらいのは共に過ごした過去や、今後共に過ごすことを描いた未来、それを自分の一部だと思っているから。

社会常識や過去の経験、未来の予測は、断じてあなた自身の本質ではありません。これらは後付けの価値観と照らし合わせた判断です。

価値観をすべて捨てることはできない

このように後付けの価値観は、あらゆる方面を網羅しています。あなたの意志・判断・感情と思い込んでいることの大半は、後付けの価値観によって生まれているのです。

ではヨロイのようにがっしり身を包んでいる後付けの価値観を全部削ぎ落としてしまえば、そこにあなたの本当の意志があるのか。

それはきっと、その通りです。しかし後付けの価値観をすべて捨て去ることは、まさに悟りの境地。一朝一夕でできるものではありません。家庭、学校の授業、本、テレビ、街の風景、太陽や風、身の回りの人々の言葉。あなたの今までの人生すべてが、後付けの価値観の元になっているのですから。

それらを捨て去ることは現実的ではありません。今すべきことは、後付けの価値観と自分自身の判断を混同しないこと。政治家のニュースで腹が立ったなら、後付けの価値観によって腹が立っていることを理解すること。それが自身の意識を明確にしていく第一歩となります。

つまり怒りが沸き起こる度に「あ、私はいま後付けの価値観の判断によって、怒っているんだな」と、一歩引いて考えることが大切なのです。

少しクドい説明となってしまいましたが、まずはクセになるまでこの作業を繰り返してみてください。

ちなみに箸の話。桑野さんは、トランペット奏者だったお父様と同じ箸の持ち方で「トランペットも箸も引き継いだ」と語っておられますし、乃木坂46若月佑美さんは単純にかわいいので、個人的にはどちらも気になりません。好きに持ったらいいじゃない。

次回も、意識の捉え方の続きです。