読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せがうまくいかない理由04

f:id:attracted:20170419202903j:plain

はじめに

4回目となりました引き寄せがうまくいかない理由。前回までは

  1. イメージが明確ではない
  2. 確信が持てていない
  3. 潜在的な願望が実現している

という理由でした。今回はもう少し具体的です。そして該当している方も多いと思います。以前は僕もそうでした。そしてこれに気づいて、うまくいきはじめました。

さっそく見ていきましょう。

理由04「願い方が不純」

まず誤解のないようにお断りしておきます。不純な願望なんてものはありません。あなたが何を望もうと、それはあなた自身のピュアな望みであるはずです。お金でも、恋愛でも、復縁でも。「ただ寝っ転がって楽して暮らしたい」という願いだって、十分立派な願望です。どんな願いであっても、願いは意志。僕はその意志を持つあなたに敬意を表します。

では何が不純なのか。それは願い方の部分です。

「何の苦労もなく楽して暮らしたい」という願いは素晴らしい。しかし、「何の苦労もなく楽して暮らして、俺をバカにしてたあいつらを見下してやりたい」はダメです。

何がダメなのか。心をキレイにしないと神様が云々ではありません。許すことで幸せを分かち合おうなんて綺麗事をいうつもりもありません。ただ単に願望実現の妨げになるからです。

あなたは願望を必死で引き寄せています。本当は必死になる必要なんてないのですが、熱意を持って引き寄せを実践しています。

f:id:attracted:20170419204023p:plain

しかし、心のなかに嫉妬や驕り、不安や疑念があると、それはブレーキとなります。あなたは手元でロープを引き寄せながら、心では願望を押し返しているのです。

f:id:attracted:20170419204157p:plain

近頃パワポの適当図解がちょっと楽しくなってきてます。

対処04「願いを他人任せにしない」

さてでは対処法について。もう少し具体的に見てみましょう。

引き寄せの基本は「叶った気分になる」ことでした。しかし叶ったことがないから、叶った気分もわからない。あなたは手近なところで、何かを得て人に自慢することを思い浮かべます。

あるいはもっと根本的なスタートライン、自分が何を欲しているか考える際、あなたは誰かが持っていて自分が持っていないものに対する不足感、つまり嫉妬をとっかかりとします。

f:id:attracted:20170419204601p:plain

この願い方をするとどうなるでしょうか?

たとえば高級外車を買って、女の子に自慢する。ならばもっと高級な外車に乗っている人がいたらどうしましょう? 女の子が思ったほどの反応をしなかったら? 車が古くなったら?

あるいはお金持ちを思い描き、その反感をベースに願う場合。あなたが引き寄せたら誰かの反感を買うのでは? もっとお金持ちへの嫉妬も湧くのでは?

あなたがコントロールできるのは、あなたの意志とそれにより実現する人生だけ。願望のイメージを「反応が予想できない他人(※1)」に任せると、そこに疑惑や不安の入り込む余地が生まれてしまいます。つまり願望の純度が低いため、自意識に付け入るスキを与えてしまうのです。

(※1)他人が登場する願望の例外は後述

f:id:attracted:20170419204848p:plain

願望からフィードバックされる不安や疑惑。しかしあなたはそれが自分の願望だと思っているわけですから、マイナス感情の発生に気づくのが遅れます。そうこうしている内に、あなたはマイナスの願望を必死で送り出している状態になってしまうのです。

f:id:attracted:20170419205354p:plain

引き寄せの法則は、あなたの思考を、正負の区別なく引き寄せるのでした。今、あなたは不安や疑念というマイナスの未来を引き寄せているのです。

 

ならばその解決策は明確ですね。プラスの感情を元に、不安や疑惑の入り込む余地のない、純度の高い願望を持てば良いのです。

f:id:attracted:20170419205833p:plain

たとえば宝くじを買ったことがある人は、購入から抽選までの間、ワクワクしますよね。当たったらあれ買おう、これしよう、って思いますよね。それが純度の高い願望です。それでも当たらない理由は、前回までの3つの理由(1)のどれかがあるのかもしれません。あるいは、当選を引き寄せている途上なのかもしれません。

しかし、少なくとも他人への嫉妬や驕りに比べてずっと良質な願望であることは確かです。そしてその良質の願望からは、プラスの感情がフィードバックされます。

f:id:attracted:20170419210151p:plain

願いを持つと、心が浮き立つ。妄想すると、なんだか楽しい。これにより、あなたの心はプラスの感情に彩られます。結果、プラスの波動が発され、さらに良い結果に繋がるのです。

f:id:attracted:20170419210310p:plain

さて、ここまではご理解頂けたでしょうか。あなたは願いのイメージを他人任せにせず、純度の高い願いを持つ必要があるのです。

 

しかし、気になることがありますよね。「必要があるのです(キリッ」じゃねぇよ! って思いますよね。

途中でサラッと述べましたように、叶ったことがないから、叶った気分がわからない。つまり純度の高い願いのイメージが湧かないのです。だから他人が出てくるのです。大丈夫、わかってます。

よろしい、ならば他人に出てきてもらいましょう。ただし、疑惑の入り込む余地のない信頼のおける他人。この人なら必ずこうするはずという確信が持てる他人。はい、またもや確信です。

しかも今度はその相手に、自慢するのではなく、幸せをおすそ分けしてみましょうか。あなたが反応を確信できるほど信頼するその人に、あなたが愛を持って自身の幸せを伝え、そして分けたら、その人はどう反応しますか?

そうですよね。喜びますよね。

あなたは自分が大金を手に入れたときの気分を知らない。だから明確にイメージすることができない。

しかしあなたは、あなたが大切に思うその相手の喜びは知っているはず。喜んでいるその人を以前に見たことがあるはず。その状況を思い浮かべてください。その人の笑顔を思ってください。これが何よりも強いイメージの持ち方であり、本日の結論です。

 

 

*****

ランキング参加中

お役にたったら↓クリックお願いします。(別ウィンドウで立ち上がります)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ