読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「引き寄せの法則」概略と疑問と方法論

引き寄せの方法論

f:id:attracted:20170119214656j:plain

 「引き寄せの法則」とは?

さて、近年何かと話題になる「引き寄せの法則」。耳にしたことがある方も多いとは思いますが、ここで簡単におさらいしてみます。

引き寄せの法則」をざっくりまとめると、

「宇宙にある絶対不変の法則。人が望んだこと、もの、事象などを自らの経験に引き寄せる。それ自体に意志はなく、良いことも悪いことも平等に引き寄せる」

というものです。

引力のように、あるいは磁力のように。

人は望んだものを引き寄せることができるのです。

はい、素晴らしいですね。

 

引き寄せの法則」に対する疑問

もちろん、突然「宇宙の法則」なんていわれても面食らいますね。怪しさマックスですね。それはおいおい考えていくとして、もう少しダイレクトな疑問についてみてみましょう。

 それはつまり現状とのギャップです。

「望んだことを引き寄せる」と言いますが、「自分の人生100点満点!」という人がどれだけいるでしょうか。むしろ「引き寄せ」に救いを求めるくらいですから、どちらかというと現状に不満のある方が多いことでしょう。

「こんなこと望んでいない」という現実が目の前にある。それが「引き寄せ」の否定につながるのです。

多少の困難であれば「試練だ」と受け止めることができるかもしれません。いくつかの本には「神は乗り越えられない試練を与えない」という言葉もみられます。

しかし、たとえば困難な病に冒された人に。不慮の事故で親しい人を亡くした人に。「それが神の試練だ」「自らが望んだことだ」なんてどうして言うことができるでしょう!

こういった疑問に対して

  • 「『引き寄せの法則』は、否定肯定を考慮しない」
  • 「現状の心の状態を引き寄せる」

という解答が示されます。

たとえば「病気になりたくない!」と強く願う場合、否定肯定のない「引き寄せの法則」は願いの主文である「病気」にだけフォーカスされてしまい、結果その現象を引き寄せてしまう。

あるいは「お金が欲しい」と願うなら、「お金が欲しいということは、現状はお金がない(=不足)ということ」として、「不足」の状態の継続を引き寄せてしまう。

 非常に面倒な話ですが、相手は法則ですから文句を言っても仕方がありません。重力に対して「重いわ!」って文句言う人はいませんよね。

 

引き寄せの法則」の方法論

というわけで「引き寄せの法則」は、ただ願うだけではダメ。少し視点を変えた方法が必要なようです。

それは

「すでに願いが叶った心の状態になる」

という方法。

健康を望むなら「毎日健康で活き活き暮らす自分」を

経済的成功を望むなら「すでに大金を得て、優雅に暮らしている自分」を

良縁を望むなら「理想のパートナーと出会って幸せに過ごす自分」を。

すでに叶ったつもりになって演じるように生きるのです。

 心豊かに、明るく、ポジティブに、安心して生きていると、

やがて心の状態に合わせて、現実の方が変わってくるというわけです。

 

それでもやっぱり残る疑問

なるほどそうか! すごいな「引き寄せの法則」!

とは、ならないですよね。なっちゃった方は、少し疑ったほうがいいですよ。変な詐欺とか引っかかっちゃいますよ。

ここまでニュートラルな立場で見てきましたが、やはり21世紀に生きる私たちとしては、「意志で現実を引き寄せる」という非科学的な話が、すんなりとは理解できないわけです。

なぜ、そんなことが起きるのか。

その理屈が腑に落ちない限りは、納得することはできないわけです。

しかし。

重力がなぜ働くのか。

これを明確に理解し、説明できる方はどれだけいるでしょうか?

光の速度は不変であること。

その理由を知る方はどれだけいるでしょうか?

理屈はわからない、けれども信じている。

 

同様に、「引き寄せの法則」を明確な根拠で否定できる方も、少ないことでしょう。

信じるに足る知識。否定するに足る知識。

これからそれらを少しずつ検証しながら、本質に近づいていければと思います。