読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[引き寄せの方法論04]潜在意識との調和について

引き寄せの方法論

f:id:attracted:20170301193254j:plain

潜在意識との調和はオートマチック

さて、昨日は深層心理、スピった言い方をするなら「内なる自分」と調和することが引き寄せの最短ルートですという話でした。なぜ? の話に行く前に、補足を少々。

潜在意識はその名の通り自覚することができません。ではどのように同調するのか。実はとても簡単なのです。

もともと意識と潜在意識は繋がっているのですから、放っておけば勝手に同調してくれるのです。それを邪魔しているのが、後付けの価値観です。

先日の借金を例にするなら、潜在意識はとっくに豊かさの方に行っているのに、表層意識はそこに同調しない。それは「借金を返すのは大変」「お金を稼ぐには苦労がつきもの」「自分は貧乏」「お金は仕事の対価」という後付けの価値観でがんじがらめにされているから。

しかし前述の通り、後付けの価値観は簡単に捨て去ることはできません。その必要もありません。必要なのはその判断が「後付けの価値観のしわざだ」と気づくことだけ。それにより、消去法のように本来潜在意識と同調するはずだったあなた本来の意識が見えてくるのです。

本能の快感に焦点を当てる

さらに潜在意識と調和しやすくなる方法論をひとつ。後付けの価値観に左右されない! というのが潜在意識との同調の近道でした。そこで後付けで価値観が生まれる前からあなたが持っている感覚を重視してみるのです。

たとえば好物を食べておいしいと思うこと。この「おいしい」の部分は、後付で教えられたことではなく、あなた自身の感情です。あるいはセックスが気持ちいいこと。風景や音楽に癒やされること。

その情動の部分をいつもより少しだけ深く感じ取ることが、潜在意識との同調に繋がります。

嗅覚は最強の意識変革ツール 

そしてそれらを越えてさらなる効果が期待できるのが、匂いです。ある匂いを嗅いで、突然昔の記憶が蘇ったこと、ありませんか? たとえばある香水の匂い。

「あ、香水の匂い」

 ↓

「これは昔つきあってた人がつけていた◯◯だ」

 ↓

「そういえば一緒に旅行に行ったときもこの香水をつけていたな」

 ↓

「あれは確か石垣島だったな」

というステップを一切踏まず、「香水」→「石垣島の海」という記憶想起が瞬間的に起こるのです。 

これは「プルースト効果」と呼ばれる現象で、嗅覚だけが大脳新皮質を経由せず、海馬や扁桃体といった感情や本能を司る部分と直接繋がっていることから起こります。つまり嗅覚は脳の深くとダイレクトに繋がるため後付けの価値観が入り込む余地が少ないのです。 

経済的な成功を望むなら毎日お金の匂いを嗅ぐのも良いでしょうし、復縁を望むなら好きな人がつけていた香水を嗅ぐのも効果的です。潜在意識と同調する手段として、ぜひとも試してみてください。

お金の匂いを嗅いでるところを他人に見られると、得るもの以上を失う可能性もありますが。

今回はここまで。次回からは引き寄せの原理の検証に入ります(たぶん)。