読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[引き寄せと科学06]思考が思考を引き寄せる3つの原理

f:id:attracted:20170314200616j:plain

外部から似た思考を引き寄せる

前回は無意識にまで落とし込んだ思考は、似ている思考を引き寄せるという話でした。

それはなぜなのか。ここまで読んで頂いている皆さんにはおわかりでしょうが、念のため復習します。

まず外部的な話。思考は脳内を流れる電気信号(≒電波)です。その電波が脳内だけではなく、脳の外部にまで流れていることは、思考の映像化(参考:外部に発信される脳波)などの実験からも明らかです。そして電波には波の大きさである周波数があります。アンテナの原理と同じように、その周波数が一致するものは互いにリンクします。つまり脳から発生した思考は、同じ周波数の思考と自動的にリンクするのです。

これはとくに違和感もなく理解できると思います。

f:id:attracted:20170314200751p:plain

シンクロニシティで似た思考を引き寄せる 

次にシンクロニシティとしての思考の引き寄せについてはどうでしょう。

ある思考、たとえば「ロレックスの腕時計が欲しい」という思考が深層意識にまで落とし込まれたとします。

1日6万回という膨大な回数を繰り返す思考、そのほとんどが深層意識により実行されています。あなたは意識していなくても、無意識は考えています。

あなたは街を歩きます。普段なら見落としてしまうような道行くおっさんの腕時計。しかし無意識はあなたにメッセージを送ります。「それお前が欲しがってるロレックスやんけ?」。

信号で立ち止まります。無意識はあなたにメッセージを送ります。「あのROYALって看板、ロレックスのロゴと似とらんか?」。

あなたは本屋さんに入ります。棚に並ぶ無数の本の背表紙、あなたは目で文字を追うことができません。しかし無意識には見えています。「あ、ほら、ロレックスの本やで?」。

あなたの深層意識は、あなたよりもずっと広い視野、細やかな注意力を持っているのです。

f:id:attracted:20170314200904p:plain

こうしてあなたの生活には、ロレックスに関する情報がどんどん集まってきます。一部はカラーバス効果(参考:シンクロニシティとカラーバス効果)、また一部は無意識からのメッセージ。これも「思考を引き寄せる」という現象の一側面です。

心の内側から似た思考を引き寄せる

そして最後が心の内面の話。

あなたは表層意識で、繰り返し思考します。またロレックスにしましょうか。周波数により思考の調和やシンクロニシティで、あなたにはロレックスに関する思考や情報が次々に集まってきます。さらに思考の拡大に応じるように、本やネットで自主的に、つまり表層意識でもロレックスに関する情報を集めます。

すると徐々に、深層意識、無意識にもロレックスの思考が浸透していきます。少しずつですが、確実に。

 

f:id:attracted:20170314201055p:plain

さあ、深層意識のさらに深い部分にまでロレックス成分が浸透してきました。あれ? 深層意識の一番下って何かありませんでしたっけ?

f:id:attracted:20170314201108p:plain

そうです。我らが集合的無意識です。

f:id:attracted:20170314201125p:plain

人類の叡智である集合的無意識、ロレックスごとき朝飯前。今度はあなたの深層意識に対してさまざまな情報を返してくれます。「アメ横に安く売ってるよ」「お前の親戚のおっさが使ってないって言ってたよ」「駅のベンチに落ちてるよ」「100万円くらい? じゃ、さっくり稼ごうよ」「お金ならこう稼いでみたらどう?」

 

あなたの潜在意識は、集合的無意識の荒唐無稽なメッセージをあなたに伝えたいのですが、詳細な伝達手段はありません。だから夢を見せたり、感情に訴えたりとさまざまな方法であなたに伝えようとします。だからあなたは直感に従ってみるのが良いのです。

 

ここで注意しておきたいこと。すでに深層意識を塗りつぶして集合的無意識にまで届いているあなたの意識。ここでさらに思考を押し込むと、集合的無意識からの返事が受け取れません。むしろ「まだ手に入れてないの? あ、その手に入れてない状態、『欲しい』という状態が欲しいのね」となってしまい、引き寄せはうまくいきません。

f:id:attracted:20170314201157p:plain

引き寄せで「まず強く願い、そして手放す」と言われるのは、このためです。

 

ではどれくらい願えば集合的無意識にまで届くのか、そして願うという思考がなぜ物質化するのか、という疑問ですが、今回も長くなってしまったため、次回以降に。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ